ダイエット茶口コミランキング最新版【目指せマイナス5kg】

ダイエット茶口コミランキング

ダイエット茶を飲むと本当に痩せるの?誰もが感じる疑問ですよね。

 

たくさんのダイエット茶の中から口コミ評価が高いものを集めて独自でランキングにしてみました。

 

どのダイエット茶がいいのかわからないという方は、まずはこの中から選んでみてください。

 

ダイエット茶初心者の方にもおすすめの商品ばかりです

 

 

【ダイエットプーアル茶の特徴】

  • ダイエット茶ランキング1位総なめ
  • 愛飲者数138万人突破
  • 残留農薬検査2回実施
  • 注目のダイエット成分配合(重合カテキン・没食子酸)
  • 中国でも有名な「雲南大葉種」100%使用
  • 0カロリー
  • 99%の方がおいしいと回答
お試しセット
12日分
980円(税込・送料無料)
1日あたり80.9円
35日分+お試しセット 2,916円(税込・送料無料)
1日あたり62.1円

ダイエットプーアル茶公式サイトはこちら

http://www.tealife.co.jp/

 

 

【茶流痩々の特徴】

  • 国産のプーアール茶
  • 100%静岡産茶葉使用
  • 重合ポリフェノール・没食子酸
  • リピート継続率80%
定期コース 2,700円(税抜・送料無料)
ずっと40%OFF
特典 毎月コースで年3回プレゼント

茶流痩々公式サイトはこちら

https://www.arahataen.com/

 

 

【スルスル茶の特徴】

  • 黒烏龍×プーアール×発酵茶のトリプル効果
  • 重合カテキン・没食子酸・高発酵による驚きの油分解力
  • ペットボトル1本あたり66円(オススメコース)
  • 使いやすいティーパック
お試しビギナーコース 1,980円(税抜・送料無料)
2日で1包ペース
レギュラーコース 3,400円(税抜・送料無料)
1日で1包ペース
しっかりスルスルコース 4,800円(税抜・送料無料)
1日で1.5包ペース
一押しのスルスル実感コース 6,000円(税抜・送料無料)
1日で2包ペース
通常購入(1包) 2,200円(税抜・送料無料)

スルスル茶の公式サイトはこちら

http://www.surusuru.jp/

ダイエット茶の効果別選び方・脂肪燃焼ならこれ

ダイエット茶の選び方

ダイエット茶によって脂肪燃焼の効果を得るためには、カフェインポリフェノール類、またHCA(ヒドロキシクエン酸)が含まれたものを選びましょう。

※カフェインは過剰摂取すると効果が低減してしまうので、ダイエットのためには1日300mgを上限としましょう。

 

緑茶・ほうじ茶

ポリフェノール類のカテキンが脂肪の分解を促進して、カフェインが脂肪燃焼を促進させます。
カフェインの量はカップ1杯(150mlの場合)につき約30㎎です。

 

ごぼう茶

ポリフェノール類のサポニンが基礎代謝を高めるとともに脂肪燃焼を促進させます。

 

ルイボスティー

ポリフェノール類のフラボノイドが脂肪燃焼を促進させます。

 

ウーロン茶

カテキンが脂肪の燃焼を促し、ウーロン茶ポリフェノールには脂肪の分解・吸収抑制効果があります。
カフェインの量は緑茶やほうじ茶と同じです。

 

ガルシニア茶

HCA(ヒドロキシクエン酸)が脂肪燃焼を促進させ、内蔵脂肪の蓄積も防ぐ効果があります。

 

ダイエット茶で糖分吸収を抑えるならこれ

ダイエット茶の選び方

食事によって糖分をたくさん摂取すると血糖値が上昇して脂肪が蓄積されやすい状態をつくります。
血糖値の上昇を防ぐこともダイエットには欠かせないことです。

 

ゴーヤ茶

インスリンに似た働きをするリノレン酸を含んでいるため、血糖値を下げて脂肪の吸収を抑える効果があります。

 

緑茶

カテキンがブドウ糖の吸収を抑え、食物繊維の一種である難消化性デキストリンの働きには血糖値上昇を防ぐ効果があります。

 

桑の葉

DNJ (1-デオキシノジリマイシン)という成分の働きで、糖分の吸収を穏やかにしてくれます。

 

琵琶の葉

インスリン様物質のコロソリン酸により、糖質の吸収を抑えて血糖値を下げる効果があります。

 

 

ダイエット茶でデトックスならこれ

ダイエット茶の選び方

老廃物が溜まると、腸内環境が悪化して代謝を落としてしまう原因となり、太りやすい体質をつくってしまいます。
老廃物や毒素などを排出させる効果が高いお茶で腸内環境を改善することが期待できます。

 

どくだみ茶

クエルシトリンという成分に強い利尿作用があり、尿によって身体の毒素を排出するだけでなく、便を柔らかくして排便を促してくれる効果があります。

 

たんぽぽ茶

オリゴ糖の一種であるイヌリンの働きによって、糖質の吸収を抑えるとともに便通を良くする効果があります。
利尿作用も高いため排尿によって毒素を排出させる効果もあります。

 

ごぼう茶

たんぽぽ茶と同じくイヌリンを含んでいるので便通を良くする効果があります。

 


ダイエット茶は水出しか煮出しのどっちがいい?

水出しにするか煮出しにするかは、ダイエット茶の種類によります。また、メーカーからの指示に従ってどちらにするべきか判断するべきです。

 

そのわけは、ダイエット茶の種類によっては水出しにすると有効成分を抽出できない場合があるからです。
水出しも煮出しも見かけはほぼ同じですが、有効成分を抽出できないと効果を十分に得られなくなってしまいます。

 

実際のところ、ダイエット茶は煮出しの方が有効成分を抽出できます。水出しはじっくりと成分を抽出するため、雑味が少なくなり飲みやすく仕上がりますが、低温抽出となるために有効成分の抽出は少なくなってしまうマイナス点があります。

 

ダイエット茶の有効成分をしっかり摂りたいのであれば、煮出しのほうがおすすめです。
煮出すことを少し面倒に思ってしまう方は、水出しでもしっかり成分抽出ができる製法で作られている製品か、低温の水でも溶かすことが可能な粉末タイプのダイエット茶にしましょう。

 

ダイエット茶水出しする時の注意点

ダイエット茶の選び方

水出しは低温の水を使うことになりますので、有効成分を抽出ためには時間がかかります。
使用する水はなるべくミネラルウォーター浄水器を通した水を使い、それらが無い場合は水道水をいったん沸騰させて常温に冷ますことでカルキなどを飛ばしたものを使いましょう。

 

製品にもよりますが、容器に水とティーパックや茶葉を入れた後は、できるだけ長い時間置いておきます。
常温の水であれば2~3時間が適当ですが、冷水を使うと更に長い時間置いておくことが必要です。

 

カテキンやウーロン茶ポリフェノールなどのポリフェノール類は高温でないと抽出できませんので、水出しだと得られなくなる有効成分もあるということを予め理解しておきましょう。

 

ダイエット茶煮出しする時の注意点

ダイエット茶の選び方

煮出しをする場合は、煮出す時間に注意しましょう。
ダイエット茶は煮出すことによって有効成分を多く抽出できますが、煮出しの時間が長くなるにつれて濃くなっていきます。

 

濃くなったお茶はカフェイン濃度が高くなり過ぎてしまい、脳の中枢神経を興奮させることで胃酸の分泌を過剰にして胃を荒らしてしまうことがあります。
常習性の高いカフェインを濃い濃度で摂り続けることは睡眠障害など生活リズムに悪循環をもたらすことにもなるので注意が必要です。

 

また、濃く煮出すことでタンニンという成分がお茶に多く含まれてしまうと、便秘や貧血の原因となるため、これも注意したい点です。
便通を改善するための有効成分を持つダイエット茶の場合は、濃度が濃くなると下痢などの副作用を起こすことがあります。

 

メーカーが推奨する煮出し時間を守るか、まだ身体が慣れていないうちは少し短めの時間で煮出して濃さを調整するようにしましょう。

ダイエット茶と便秘茶の違い

ダイエット茶にも便通を良くするための有効成分がありますので、ダイエット茶便秘茶は一見同じように思えてしまいますが、違いは以下のとおりです。

ダイエット茶の選び方

ダイエット茶

便通を改善するための有効成分を持つものがあるが、腸内環境を改善させて排便を促すタイプのお茶。
脂肪の分解や燃焼をサポートする成分や、糖質の吸収を抑える成分など、ダイエットサポートに有効な成分を含む。

 

便秘茶

便通の改善をするための有効成分を持ち、大腸を刺激して強制的に排便を促す目的のお茶。
基本的にはダイエットサポートの目的で販売されているものではない。

 

便秘茶の成分はよく確認しましょう

便秘茶

便秘茶の多くには「センノシド」という成分が含まれています。このセンノシドで有名なのが「センナ」と「キャンドルブッシュ」です。

 

これらには、腸の蠕動運動を起こして強制的に排便を促す強い作用があります。
大量に摂取したり、消化器系が弱い方が飲用すると、激しい腹痛と下痢を起こして脱水症状に陥ることがありますので注意が必要です。

 

特に妊娠中の便秘茶の飲用は注意が必要で、センノシドは医薬品でも「原測禁忌(原則的に使用しない方がいいが、必要な場合は慎重に使用)」となっています。そのわけは、子宮収縮を起こして流産や早産の原因となってしまう恐れがあるからです。

 

妊娠中の方だけではなく、消化器系が弱い方は便秘茶の成分をよく確認して、センノシドを含まない製品を使用するようにしましょう。

 

キャンドルブッシュには要注意

便秘茶

センナと同様に「センノシド」という下剤作用がある成分を持つキャンドルブッシュには注意が必要です。

 

キャンドルブッシュには、ミネラル・食物繊維が豊富で、抗酸化作用があるなどのプラス要素が謳われていますが、センノシドが含まれていて下痢を起こしてしまう恐れがあります。センノシドは、数ある下剤成分の中でも長期間飲み続けるとくせになってしまう傾向があります。

 

センノシドは「刺激性下剤」といって、腸を刺激することで蠕動運動を活発にして排便をするタイプの下剤です。
これは常用性を起こしてしまう可能性があるので、飲み続けることにより効果がどんどん薄れてきて、量を増やしていかないと効かなくなってきます。その結果、いずれ身体は自力で蠕動運動を起こせなくなってしまうのです。

 

成分表示に「キャンドルブッシュ」がある場合、センノシドが含まれているという認識をしっかり持ち、連日飲んだり、長期間飲用することは好ましくないことを理解して飲用してください。